Number76 Singapore

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

シンガポールに限らずですが、外国人にとって、日本人美容師というだけで価値があった時代は終わりつつあります。というより、すでに終わっていると感じている美容師さんも少なくないと思います。

もちろん、国によっては日本人美容師というだけで歓迎してくれる国もあるかもしれません。

でもアジア圏の美容師に関して言えば、日本人美容師に負けず劣らず、どんどん上手くなってきているのが現実です。

じゃあ、日系サロンはどうやって海外で勝負していくか?

そのヒントが、海外でも成功しているNumber76の採用基準の一つにあるかもしれません。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

Somerset駅からサロンまでは直結しています。ショッピングモールの中にあります。

今回は、シンガポールで採用された1人の日本人を通して、Number76がどんな美容師を求めているか?どんな人たちが働いているか?という一つのモデルを伝えていきます。
それと、シンガポールでのリアルな生活についても。

約1年ぶりのシンガポール。
相変わらず街は綺麗だし、電車もわかりやすいし、ご飯もおいしい。
数日の滞在ですが、何の不便も感じません。

サロンのあるOrchard(オーチャード)エリアも、変わらず活気があり、おしゃれな街です。

この日は、オーナーの浜口さんと、ジュニアスタイリストの増田さんのインタビュー。
インタビューまでの時間、撮影のため先にサロンへ行きました。

サロンに到着した時、誰も日本人はおらず少々心細い思いをしていました。

そんな時、マレーシア全美容師の中で、トップセールスを記録したAmyさんや、「え?日本の方?」と思ったくらい日本語が上手な店長のSteveさんが声をかけてくれました。お二人ともほんとに優しい…。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

店長のSteveさん。めっちゃ日本語がうまくてイケメンです。

今回ご紹介する増田さんも、そんなふうにとてもよく気を利かせてくれる方です。
でもNumber76は、どの店舗に行ってもそういう方ばかり。

ちなみに最初にお伝えしておくと、シンガポール店での英語力は高くないと難しいです。

もしまだまだ英語に自信のない方はマレーシアか、これからオープン予定のインドネシア/ジャカルタもチャレンジしてみてください。どちらもシンガポールにない魅力があります。もちろん英語もばっちり学べます。

さて、ハサミノサキ経由で就職してくれた増田さんですが、Number76への応募時からメールでやりとりをしていました。

その時スタイリスト経験はなかったので、正直採用されるのは難しいと思っていたんです。

ただ、メールでもしっかりと挨拶をする、お礼を言うなど、いまどき珍しいくらい礼儀正しく丁寧で、誠実さと気遣いが文面からも伝わってきました。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

増田さんです。

そして、『あの件どうなったんだろう…』と僕が思っていると必ず連絡をくれるんです。
僕の気持ちを察して、わざわざ連絡をしてくれたんだと思います。

増田さんにとってはただの “業者” である僕に対して、ここまでしてくれる方はなかなかいないので、もしかしたら…という淡い期待もありました。

結果は、見事採用。
アシスタントながらもシンガポールに配属され、1年での達成を目標としていたJr.スタイリスト試験を約7ヶ月でパスしました。

シンガポールでの勤務は、あと約4ヶ月。その後は表参道への勤務になります。

それまでに美容師としての技術と、美容に関するプロフェッショナルな英語を身につけ、約4割が外国人のお客様である表参道店を、さらに強くしていくというミッションが待っています。

「吉田さん、これどうぞ」

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

お休みの日にサロンまで来てくれた増田さんは、なんとお土産まで用意してくれました。
ほんの少しだけ増田さんのサポートをさせてもらったとは言え、こういうことは初めてです。

増田さんは、1996年2月生まれの23歳。千葉県出身で山野美容専門学校を卒業後、2週間でカナダに渡ります。

2歳の頃から英語を学ぶための国際活動のグループに入っていたため、海外には自然と目が向いていたそうです。

「中学1年生の時に、1ヶ月間アメリカにホームステイをしたんです」

「その時にすごく楽しいなとか、もっと喋れたら楽しいだろうなという思いがずっと残ってたんですよね」

そして、高校生の時に2週間だけホームステイをして、少し大人になった増田さんは、自分の英語のレベルを自覚したそうです。

そこで長期間英語にどっぷりつかる機会が必要だと考えた増田さん。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

「高校2年生くらいの時に、1年間やっぱり留学しよう、人生の中で1年間は絶対留学しようと思ったんです」

同時に、美容学校に行くことも決めていました。

増田さんは、ご家庭の経済的な負担を和らげるために、美容学校への進学は指定校推薦を狙います。

その指定校推薦のある私立高校への進学も、勉強の末、学費全額免除の特待生として高校へ進学します。そして美容学校に無事進学。英語の勉強のためカナダで2年間滞在した後、帰国。

一見、計画通りに進んでいるように見えますが、不安もたくさんあったそうです。

「カナダに行っている間、同期はみんな美容室に就職して、もうアシスタントでいろいろと学んでいるわけじゃないですか」

「その間、私は全く違うことを勉強していたので、帰った時にすぐ仕事が見つかるのかなとか、自分がやりたいことができるのかなっていう不安はすごいありました。いまでもコンプレックスはありますね」

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

それでも、強みとなる英語を活かせるグローバルな美容室に就職したいと考え、Number76と出会います。

ーーでも、グローバルな美容室って増えてきてると思います。なぜNumber76だったんですか?

「日本店のほうにお邪魔させて頂いた時に、Naluのスタッフの皆さんすごい雰囲気がよくて。あー私こういう人たちと一緒に仕事をしていきたいなと思って、その二日後くらいに吉田さんに連絡をしたんですよ(笑)」

「ほんとにすごい雰囲気が良くて、今まで見てきた美容室の中で一番雰囲気がよかったんですよね。なので、私もこういう雰囲気?を持った人たちと、一緒に働けたら幸せだなと思ったんです」

シンガポールのスタッフの方々もすごく優しいそうです。

「みなさんほんとに優しくって。スタイリストの方も、営業後に練習とか付き合ってくださるんですけど、この前も深夜の2時くらいまで付き合ってくれたりとか、ほんとに自分の時間を犠牲にしてまで、私の練習に付き合ってくださったりとか。スタッフ間同士もみんな仲が良いんです」

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

インタビュー後も練習されてました。

ちなみに深夜まで練習を強要することはもちろんありません(笑)
増田さんは休みの日にもサロンに来て練習をしているのですが、すべて本人の意思です。

▏技術と英語の理想的なトレーニング環境

技術と英語をトレーニングする環境も理想的です。

「ここだったら技術的なことは、日本のカリキュラムと全く同じで、日本人もローカルも同じテストをクリアしないとスタイリストになれないんです」

「技術も日本と同じクオリティーで勉強できて、なおかつ普段のコミュニケーションは全部英語になるんですよ」

 

お客様とはもちろん、スタッフ間もすべて英語です。

 

「基本的には日本人は私一人なので、それはすごくいい環境かなと思います。何がなんでも英語で伝えなきゃいけないですからね。ほぼ10割英語をしゃべれる環境は、他のお店とは違った良さなのかなとは思います」

▏シンガポールでの生活について

シンガポールでの生活についても聞いてみました。

いまはサロンからバスで20分くらいの場所にある『DBH』と呼ばれるシンガポールの公共団地にオーナーの女性、フィリピン人の女性、3人で部屋をシェアしています。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

Amyさんです。

それぞれに個室はありますが、シャワーやトイレなどの水回りはルームメイトと共有です。
家賃は日本円で約56,000円ほど。
駐在の方は別にして、単身で来る場合、住まいはこのようなパターンが多いそうです。

お部屋も綺麗で生活するうえで不満は特にないそうですが、あえて言うならば…

「ちょっとシンガポールはアリが多いので、食べ物とか出しっぱにしているとすぐにアリさんが来てしまって(笑)それがちょっとカルチャーショックじゃないですけど、びっくりしたことですね(笑)」

食費も少しかかってしまうそうです。

「ローカルフードは、1食3ドルとか4ドルくらいなので食費はだいぶ抑えられるんですけど、やっぱり日本人の方にとってちょっとヘビーというか、油がちょっと強いかな…っていう」

「私は、毎食食べていると胃もたれが(笑)毎食食べてた時期もあったりしたんですけど、やっぱり節約したいなと思って」

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

部屋のルールで、自炊はできないそうです。
シンガポールの部屋は料理NGのところがほとんどのようです。

そのため増田さんは、シンガポールにあるセブンイレブンやドンキホーテで、お弁当やお惣菜、お弁当などを買っています。

ただ、やはり日本で買うより高くなってしまうので、一時帰国した際にはフリーズドライのお味噌汁なども大量に買ったそう。

それでも食はひとつの楽しみだと思います。

「私が結構行くホーカー(屋台村)は、近くの駅の中にちょっと大きいフードコートがあって、そこのホーカーに行って食べたりしてますね」

「いろいろ選べて、ベジタリアンだったらこことか、お寿司とかあったり韓国料理とかもあったり、もちろん現地のローカルフードもあって、種類豊富なので飽きはしないと思います」

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

代表の浜口さん。この規模になってもサロンワークされています。

▏シンガポールの英語。

苦労と言えば、最初の1ヶ月は、シンガポールの英語、いわゆる『シングリッシュ』にも苦労したそうです。ヒアリングしづらく、独特の言い回しもあり、コミュニケーションを取るのが大変だったそう。

それでも、こういう環境を与えられ、語学・技術などたくさんの勉強ができて、優しい人たちにも囲まれ、いまは本当に感謝しているそうです。

ちょっと話はずれてしまいますが、増田さんのお人柄を象徴しているような、こんなエピソードもあります。

それは、東京で浜口さんとの最終面談の日のことです。

「朝から体調がちょっとおかしいなとは思ってたんです。でも、浜口さんが日本にいらっしゃる時間は限られてるし、絶対にいかなきゃいけないと思って。一度地元の病院に行ってお薬をもらいました」

変わらず体調の悪い増田さんはお母さんに付き添ってもらい東京に向かいます。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

「でもちょっと倒れてしまって(笑)」

「この状態ではしゃべれないなと思って、一応近くの病院で診てもらったんですけど…」

「自分で歩けなくなってしまって、これはどうしようと思って、それで母に付き添ってもらって、ちょっとありえないと思うんですけど、母と私と浜口さんの3人で面接という(笑)」

どんな状況であっても無理は禁物だと思います。
それでも約束を守る姿勢に増田さんの誠実な人柄と、熱意を感じました。

美容師としてまだまだ経験の浅かった増田さんがです、そういうところも評価されて採用されたのかもしれません。

Number76の大切にしていることの一つが、『気を利かせられること』。

気が利くとは、こうじゃないかな?と察して、次のものを提案してくれること。
観察力と想像力と行動力が必要なんだと思います。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語

高い技術のサービスだけなら、もうどこでも受けられるとオーナーの浜口さんは言っています。

だから、これから日系サロンとして世界で戦っていくためには、技術だけでなく、増田さんやNumber76のスタッフの方々のように、人に気を利かせられるかどうか。

そこがNumber76の強みにならないと日系サロンとは呼ばれないと思うと浜口さんは教えてくれました。

「それが外国人が実は日本人に求めている『おもてなし』っていう本質なところだと思ってます」と浜口さん。

『気を利かせる』ことができる能力は、接客業だけでなく、どんな仕事にも必要なことではあると思います。

だから、取り立ててこの能力をピックアップするには、当たり前過ぎることかもしれません。

でも海外で戦っていく中で、それを武器の一つとしていくNumber76。

『Number76、みんないい人』と感じるのは、ナチュラルにそういう人が多いという理由のほかに、こんなところにもその理由があるのかもしれません。

シンガポール 日系サロン 日系美容室 海外就職 海外美容師 海外美容室 英語
Number76 singapore
社員数

①日本人スタイリスト:7名
②ローカルスタイリスト・アシスタント:125名

日本含め全社員:140名

平均年齢

シンガポール:25歳

坪数

Orchard Gateway(シンガポール):908坪

セット面

Orchard Gateway(シンガポール):12面

店舗数

9店舗

お客様年齢層

10〜20代:45%
30〜40代:40%
50代〜:15%

お客様国籍比

シンガポール人・その他:80%
日本人:20%

スタッフ国籍比

日本人スタッフ:約5%
ローカルスタッフ:約95%

募集

スタイリスト

雇用形態

正社員

資格

美容師免許

語学力

シンガポール店については英語が必須になります。
※英語が不安な方はNumber76 malaysiaもご検討ください。

勤務地

277, Orchard Road, #02-23 orchardgateway, 238858

勤務時間

勤務地により異なる(9:00〜21:00)シフト制

給与

【正社員】月給 200,000円以上
※勤務国で異なりますが、基本給20万円以上 (為替により変動あり)

・スタイリストクラス給与 20万円〜40万円
・店長クラス給与 40万円〜60万円
・売上額により歩合給あり
・技術講師としての手当てあり

昇給

有り/年次昇給

賞与

無し

交通費

交通費支給

福利厚生

健康保険、就労ビザ取得にかかる費用の負担 ほか

各種手当

皆勤手当、技術講師手当、インセンティブ など

休日

年間108日(有休、病床休暇を含む)
※在籍の日本人スタッフも毎年休みをアレンジして帰郷できる環境です。

夏期休暇

有り/最長2週間まで

冬期休暇

有り/最長2週間まで

その他待遇

有給休暇あり、就労ビザの費用負担

就職祝い金

20,000円

選考プロセス

下記「問い合わせ・応募」ボタンより応募→
書類選考→面接→採用

※ご質問などは下記応募フォームよりお気軽にお問い合わせください。

過去の募集記事です。こちらもぜひご覧ください。
『英語圏で働き、美容師を育てる』

You Might Also Like