Number76

シンガポール マレーシア 日系美容室 海外就職 美容師

前回に続き、Number76さん。
現在シンガポールに1店舗、マレーシアに4店舗。

さらに11月にジョホールバルに1店舗、2018年にはインドネシア・ジャカルタにも1店舗進出予定です。

※2020.3月現在、ジョホールバルとマレーシアに新店舗オープン。2020年2月にはジャカルタもオープンしました。現在は9店舗です。

海外に進出したのが2011年。
6年の間に海外で5店舗も出しているその勢いは、他社からも注目されています。

ACQUAという一流の美容室から独立して海外進出。
美容師でなくても憧れるような成功をしてきたオーナーの浜口さん。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

その裏ではACQUAでの劣等感や海外での業績不振…そんな苦労も独自の武器を生かして、乗り越えてきました。

その武器とは『教育』。

その武器を活かし、海外進出当初からローカルスタッフを雇用、ゼロからスタイリストにまで育て上げています。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

そして、ローカルの顧客もつかみ、着実に成長。シンガポール、マレーシアの日系サロンでも一線を画している存在です。

また、多くの日系サロンにあるように、駐在の日本人だけをターゲットにしているわけではありません。

ローカルの顧客をメインターゲットにしており、飽和状態と言われているシンガポールの日系サロンの中で、いまだ高いポテンシャルを持ちます。

そんな76さんが、シンガポール、マレーシアで勤務する日本人スタイリストを募集します。日本での美容経験を、シンガポールとマレーシアの若い美容師にぜひ共有してください。

最初に向かったのは、マレーシア・クアラルンプールにあるStarhill Gallery(スターヒルギャラリー)店。

クアラルンプール国際空港から電車とモノレールを乗り継いで、約1時間。
Bukit Bintang(ブキビンタン)という首都クアラルンプールを代表する商業地区にサロンはあります。

サロンが入っているスターヒルギャラリーとは、超一流ブランドがショップを構えるマレーシアの最高級デパートです。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

マレーシア・クアラルンプールにあるStarhill Gallery。

ここで約5年働く引本さんにお話を伺いました。

引本さんは、横浜市出身。高校卒業後、一旦はアパレル店に就職。
その後、美容師でもある両親に勧められ、育成会技術専門学校へ進学。
地元横浜で就職後、マレーシアの76に転職します。

なんとはじめての一人暮らしが、ここマレーシアだそうです。

ーー最初はどの程度英語ができたんですか?

「私の中では旅行英語くらいはしゃべれると思ってたんですけど、実際来てみたら0に等しかったです(笑)」

勉強が嫌いと言う引本さんは、机に向かうより、毎日のサロンワークで覚えていったそうです。結果、1年かからずに英語を習得できたそう。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

「ここの人たちは根本的に優しいんですよね。いろんな人種がいるから受け入れようと。ちゃんと聞き取ろうとしてくれるんです」

「でも『よくそれで通じるね。不思議でしょうがない』って、今でも言われます(笑)」

ーー他の日系サロンと比べて強みはどこですか?

「ローカルのお客様がたくさん来ていることだと思います。会社に入った時は、8割は日本の駐在のお客様だったんですが、もう毎日暇で…。でもどんどんローカルにも人気が出て来て、今ではローカル8割、日本人2割です」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

76さんはローカルスタッフにも日本の美容師と同じ技術レベルを求めます。
そうして育っていったローカルスタイリストの活躍もサロンの成長に大きく貢献しています。

ーー日本人とマレーシア人のお客様にはどんな違いがありますか?

「こっちの人は日本人大好きで信頼してくれているんです。『プロフェッショナルなんだから全て任せたわ。可愛く切って』みたいな感じなんです」

「カラーも似合うんだったら何色でもいいって(笑)欲求不満の美容師さんは絶対に幸せになれると思いますね(笑)」

そんな違いに最初は戸惑ったが、今では楽しくなってきていると教えてくれました。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト
ーーいま5人いる日本人スタイリストさんとの関係はどんな感じですか?

「大体みんな同じエリアのコンドミニアムに住んでいたりとか、週に3回も4回も会ってご飯食べたり(笑)本当になんでしょう。家族みたいになっちゃってて(笑)」

ご家族で移住し、子供は日本人学校に通っているスタイリストもいるそうです。

ーー76さんに入ってよかったことは?

「1番は…、家族のような仲間ができてよかった、そういう人たちがいてよかったなと。飛び込んではみたものの(笑)だから多分続いてるんだと思います」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

店長の1人、稲尾さん。店長さんたちも皆イケメンでした。

ーー代表の浜口さんについても聞いてみました。

「あんな風にスタッフを見捨てない人は、見たことがないです。過去大きな会社にいて、いろんな上司を見て来たんですけど、ハサミを置いちゃう人とか、数字しか見ていない人とか、かわいい女の子にだけ優しかったりとか(笑)」

スタッフの人生はもちろん、その親御さんのことまで心配する人は見たことがない。
そして、経営者でいながらハサミを置いていないところも尊敬していると。
浜口さんに何かあったら絶対助けに行く。そんなこともおっしゃていました。

引本さんは最近、日系メーカーのカラーセミナー講師の仕事もされているそうです。

「こんなことも知らないんだっていう美容師さんたちがまだいっぱいいます。そういうのを自分のアシスタントだけでなく、マレーシアの美容師さんたちにいろんなことを教えてあげたいなと思います」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

こちらはマレーシアのBangsar店。

「そう言うと調子に乗ってるようですけど(笑)、マレーシア自体の基準が上がったらみんな幸せじゃないですか?みんな上手くなったら、うちの会社が大きくなれないかもしれないど(笑)」

「でも、そういうのって色んなことに繋がっていくので、お手伝いできたらいいなと思いますね。自分がこっちで受け入れてくれた恩返しじゃないですど。自分達はそうゆう役目かなと。ちょっと自惚れてみたりして(笑)」

この先も自分たちだけではなく、次の子たちのためにもお店をキープして、場所を作っていく。それが大切だと思うと、引本さんは教えてくれました。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

最後にお話を伺ったのは代表の浜口さん。
お話はシンガポール店で伺いました。

シンガポールはマレーシア以上に「東南アジア感」はなく、とても都会で清潔、人も多いです。交通も電車が発達しているため、移動も安価で簡単。

サロンは、シンガポール・チャンギ国際空港からMRTと呼ばれている電車で約40分。
最寄り駅のサマセット駅から直結しているOrchard Gateway(オーチャード・ゲートウェイ)というショッピングセンターの中にあります。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

シンガポールのOrchard Gateway前です。綺麗なところでした。

ここオーチャードエリアは、日本で言うところの南青山や銀座などの一等地。
マレーシアに対するインバウンドと、他国に進出する時の広告にもなるため戦略的に出店したそう。

浜口さんは、長崎県出身の43歳。
ACQUA(アクア)に中途入社して当時最短の2年でスタイリストへ昇格。

そして、独立→海外展開という華麗な経歴ですが、そこに至るまでの道のりは平坦ではありませんでした。

中学卒業後、高校には入学したもののほとんど学校には行かず、建築現場で仕事をします。
お母様が美容師ということもあったが、あまり興味はなかったそう。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

こちらはシンガポール店。

その後、高校は中退。長崎を出たいという理由で、ご兄弟が働いていた神戸の美容室で働くことに。

そして、高津理容美容専門学校の通信制で美容免許を取得。
神戸の下町にあるチェーン店で働きます。
当時は誰か有名な美容師に憧れるわけでもなく、淡々と仕事をしていたそうです。

「そんな時に阪神淡路大震災が起こったんです。震災の中、須磨から明石に水を汲みに行ったり、カセットコンロで水を温めて、灯油ポンプで髪にお湯をかけたりしながら営業をしていました」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

シンガポール店のレセプションです。

この非常事態のなか、髪の毛を切る商売はいらないんじゃないか?と疑問に思ったそうです。復旧のための力仕事などをしたほうがいいのでは?と。

「そんな時、来てくださったお客様が息子さんを2人亡くされていたんですよ。僕も体育館から仕事場に来て、体育館に帰るという生活をしていたんですが、もう全然レベルが違うというか、急に何もしゃべれなくなってしまって」

「そのお客様が帰り際に『お兄ちゃんありがとう!気分転換なったわー!』って笑顔で言ってくれたんです。その時に初めて、美容師ってめっちゃいい仕事じゃん。って本気で思えたんです」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

そこから浜口さんの美容人生は変わっていきます。

友人と東京へ行った際、テレビで見たACQUAも見ようとサロンへ。
せっかく来たのだからと、綾小路さんに切ってもらおうとしますが、予約もしていないので当然断られます。

それでも諦めない浜口さんに対して、綾小路さんが声をかけてくれ、カットしてくれたそうです。

「角刈りでダサいビーサンにアロハシャツみたいなのを着た柄の悪い人がレセプションでごねていたので、まあメンズだし、いいよやるよとか言って切ってくれたんです」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

Publika店前。こちらもオシャレなところでした。

カットは5分ぐらいで終わったのに、なぜかその後30分ぐらい待たされたそう。

「綾小路さんが戻ってきて、『どう?じっくり見た?』って。なんかビビッときたのものがあったんですよ。この人忙しいから待たせたのではなく、自分が美容師ってことも知っていたからじっくりサロンを見せてくれたんだって」

そして、震災での経験や、美容師を日本で1番人気のある仕事にする自分の夢などを話したそう。

「『その夢叶えられるのはうちしかないよ!おい、スーちゃん!(現GARDEN・須崎勝己さん)こいつおもろいから面接しろよ』って(笑)その場で面接になったんです」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

Publika店内

そして超難関だったACQUAに異例の入社。
でもそこからが大変だったそう。

「カルチャーショックでした。当時ACQUAって百人近いメンツがいて、すごく難関。それぞれの美容学校の猛者だったり、おしゃれ番長みたいな人たちが一堂に会しているような美容室だったから。先輩方にもだいぶ絞られましたね」

「服もダサい、髪型もダサい、何の信念もない(笑)あんたなんなの?みたいな。最初は辛かったですね」

三日で辞めようと思ったACQUAも、色んな人に助けてもらいながらも、自分の目標を達成できるところまでやろう。そう決めたそうです。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

Publikaの店長 佐藤さん

そんな環境と心境の中、寝る間も惜しんで練習に当てていた浜口さん。
結果として、当時最短の2年でスタイリストになります。

とは言え、ACQUAにはやっぱり「猛者」たちが多くいる。このままやっても日の目を見ないと。

「ずっと考えてたんです。自分が何だったらここで存在感を出せるか?」

そして出した結論が、『教育』。
この分野でひとつのジャンルを切り開いていこうと。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

「当時ACQUAに明確なマニュアルなんてなかったんですよ。あったのはイメージだけ。なんかかわいくないなぁ。とか。それでスタイリスト試験に落ちたり」

「イメージももちろん大切ではあるけれど、ロジカルな考え方も必要。だからマニュアルや基準を作ろうと。そういったことをACQUAで取り組ませてもらいました」

それが形になり、他の美容室に対しても講習活動への依頼が入るようになります。
そのうち台湾や香港など、海外からも美容師が勉強に来るようになったそうです。
それが海外展開へのひとつのきっかけだったそう。

「海外から来る方ってすごく貪欲なんですよね。お昼食べた後寝ている日本人美容師もいる中、これはどうする?あれはどうやるのか?と。僕はすごくそこに感化されたところがありました」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

こちらはStarhill Galleryのスタッフさんたち。

日本一と呼ばれていたACQUAが次に進む道は海外だと。
そこでパイオニア企業としてのブランドを築いて、ACQUAに貢献できたらと思っていたそうです。自分の得意分野である教育を武器にして…。

ところが、上層部に直訴しても受け入れられなかったそう。

「まだタイミングではなかったんでしょうね。今から考えるとちゃんとプロセスを踏めばよかったんですけど。まだまだ青かったというか。それで受け入れられないなら、自分でやると決めて独立しました」

そして独立して10年。海外1店舗目をマレーシア・クアラルンプールに出店。
しかし、最初の2年間は鳴かず飛ばずだったとのこと。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

こちらはBangsar。他の店舗と比べてアットホームな内装でした。

「苦戦しましたね。何がだめだったかもわからなかったし、一生懸命やってるつもりだったけど」

ーー何がきっかけで伸びていったんですか?

「ブレークスルーのきっかけは、やはりローカルのスタッフでした。シャンプーからスタイリストになるまでの、表参道の日本人と同じ基準の試験を、全部クリアしたスタイリスト第一号が誕生したんですよ」

その女性スタイリストは、マレーシアのトップセールスを記録。
未だにその記録は破られてないそうです。おそらく全マレーシア美容師のトップだと思います。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

こちらがそのAmy Ngさん。とてもフレンドリーな方でした。

「僕らも少し自信を取り戻しました。やっぱり間違ってなかったんだと。それまで、ローカルスタッフは練習させられてると思ったかもしれません。でも、彼女に感化されるように、自分もそうなりたいとみんなもっと練習に取り組むようになり、全てが変わった気がします」

ーーさて、働く上で気になるのが語学。入社時しゃべれなくても大丈夫でしょうか?

「英語が上手でなくても構いません。でも引っ込み思案だとお客様はつきません」

「シンガポールには英語を話せる日本人美容師はたくさんいますし、ローカルの美容師だって技術を上げてきています。日本人というだけで売れる時代は終わっていますね」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

日本人スタイリストさん。

76さんがシンガポールで求めるレベルは決して低くはありません。

ーーシンガポールの他の日系サロンとの違いはどんなところにありますか?

「まず、現状でローカルスタッフを雇ってるところってほとんどないんですよ。っていうのは、教えてもすぐ辞めるとか。僕らも最初の二年間はそう思ったところ。でもこの先に見えるところまで行ってないってだけの話だと思います」

もともと日本人だけでやっていくイメージはなかったという浜口さん。

「その国のローカルの美容師さんにどういう影響を与えることができるか?要は美容師になりたい人を増やすとか、美容師ってこんなに素晴らしい仕事だってことを伝えるために来ましたから」

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト
ーー日本人スタイリストに期待していることは何でしょうか?

「シェアしてほしいです。自分が今までの美容人生の中で経験した苦労、それをどう乗り越えたか。今まで色んな人に支えられてきたであろう美容人生の経験を、若手のスタッフにシェアして欲しいですね」

ーー会社としての目標は?

「僕らが公言している目標は、美容学校ですね。アカデミーを作るということです。もちろん店舗展開もしていきます。少なくともシンガポール、マレーシア、インドネシアには僕がリタイアするまでに作りたいです」

日本みたいに美容師の国家資格がない国であるならば、国家試験のための学校を作る必要はない。

卒業をしたら即戦力になるような、もっとテクニックやサービス、マーケティングと言ったサロンワークの実態に特化したアカデミーを作りたいと。

Number76 シンガポール マレーシア クアラルンプール 日系美容室 海外就職 転職 日本人美容師 日本人スタイリスト

「ディプロマを発行し、そこで学んだ人が誇りに持てるような仕組みを作っていきたいです」

すでに高度なスキームと施設を持った日本の美容学校とも連携し、日本と海外の美容師双方が吸収できる仕組みも作りたい。

ーーどんな人に来てほしいですか?

「これからの美容師さんを育てていくというようなビジョンを持っている人。年齢は問わないですけど、エネルギーがある人がいいです」

「今まで面接した人のなかで、リタイアするために東南アジアを選んでいる人が結構多い。それはそれでもちろんいいんですが、うちの会社ではないかなと」

今後の目標も見据え、泣き笑いを共にするようなスタッフに来てほしいとのことでした。

76さんは、マレーシア、シンガポールにおいて、ローカルスタッフを1からスタイリストまで育てあげている唯一のサロンです。

ただ海外で働きたいというだけでなく、ローカルの美容師と働くことで新しい経験を積みたい方、是非ご自身のこれまでの経験を海外の若い美容師さんに共有してください

Number76
社員数

①日本人スタイリスト:7名
②ローカルスタイリスト・アシスタント:125名

日本含め全社員:140名

平均年齢

シンガポール:25歳
マレーシア:28歳

坪数

①Orchard Gateway(シンガポール):908坪
②Mid Valley(マレーシア):729坪
③Bangsar(マレーシア):525坪
④Publika(マレーシア):755坪
⑤Starhill Gallery(マレーシア):658坪
⑥Paradigm Mall, Johor Bahru(マレーシア)

ほかジャカルタ、マレーシアの2店舗

セット面

①Orchard Gateway(シンガポール):12面
②Mid Valley(マレーシア):26面
③Bangsar(マレーシア):13面
④Publika(マレーシア):22面
⑤Starhill Gallery(マレーシア):22面
⑥Paradigm Mall, Johor Bahru(マレーシア)

ほかジャカルタ、マレーシアの2店舗

店舗数

9店舗

お客様年齢層

①マレーシア
10〜20代:45%
30〜40代:40%
50代〜:15%

②シンガポール
10〜20代:45%
30〜40代:40%
50代〜:15%

お客様国籍比

①マレーシア
マレーシア人・その他:80%
日本人:20%

②シンガポール
シンガポール人・その他:80%
日本人:20%

スタッフ国籍比

シンガポール・マレーシア
日本人スタッフ:約5%
ローカルスタッフ:約95%

募集

スタイリスト

雇用形態

正社員

資格

美容師免許

語学力

不問(英語できる方優遇)
※シンガポールについては英語必須

勤務地

マレーシア、シンガポールいずれかの店舗(要相談)

勤務時間

勤務地により異なる(9:00〜21:00)シフト制

給与

【正社員】月給 200,000円以上
※勤務国で異なりますが、基本給20万円以上 (為替により変動あり)

・スタイリストクラス給与 20万円〜40万円
・店長クラス給与 40万円〜60万円
・売上額により歩合給あり
・技術講師としての手当てあり

昇給

有り/年次昇給

賞与

無し

交通費

交通費支給

福利厚生

健康保険、就労ビザ取得にかかる費用の負担 ほか

各種手当

皆勤手当、技術講師手当、インセンティブ など

休日

年間108日(有休、病床休暇を含む)
※在籍の日本人スタッフも毎年休みをアレンジして帰郷できる環境です。

夏期休暇

有り/最長2週間まで

冬期休暇

有り/最長2週間まで

その他待遇

有給休暇あり、就労ビザの費用負担

就職祝い金

20,000円

選考プロセス

下記「問い合わせ・応募」ボタンより応募→
書類選考→面接→採用

※ご質問などは下記応募フォームよりお気軽にお問い合わせください。

You Might Also Like