ハサミノサキ

美容師のための求人サイト『ハサミノサキ』は、魅力あるサロンの「ありのまま」を伝えていきます。

求人情報

ハサミノサキfacebook

「シドニーの日系サロンで、ここが一番ハイクオリティーだと思いました」

『LAMP HAIR』-Sydney・Australia-

今回ご紹介するLAMP HAIRさん。たくさんあるシドニーの日系サロンでも、いちばん「ラグジュアリー」な空気感を持ったサロンだと思います。

サロンのある場所は、シティの北側。(シドニーの中心部を『シティ』と呼んでいます)

シティ中心にある駅は、Town hall Stationと、Wynyard Stationになるのですが、サロンはそのちょうど中間、両駅から歩いて6分ほどのところに位置しています。
とても利便性の高いところにありますが、静かな落ち着いたエリアです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

そして、ここは大手企業や金融機関、法律、会計事務所などが多くあるビジネス街の一角。場所柄もあり、そういったビジネスの一線で活躍する方々が多く訪れるそうです。

元々イギリスの植民地だったオーストラリアは、イギリスの建築様式を備えた建物が多く残っています。LAMPさんの入っているビルもそうです。雰囲気のある素敵な建物でした。

入り口を入ると、正面が受付、右奥がお客様の待合スペースになっているんですが、ここに大きな窓があります。これがまた素敵なんです。日本では見かけない大きな窓で、LAMPさんの空気感を象徴しているようです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

最初にご紹介するのは、スタイリストの金子奈都(なづ・Nazu)さん。
Nazuさんは、富山県出身の29歳。富山ビューティーカレッジを卒業後、MINXに入社します。

現在はワーホリを終え、学生ビザに切り替えて働いています。
オーストラリアに来て1年2ヶ月になるそうです。

Nazuさんは、シドニーに多くある日系サロンの中で、どうしてLAMPさんを選んだんでしょうか?

「私、全部とまではいかないですけど、シドニーの日系サロン結構見てまわったんです」

「その中でもここが一番ハイクオリティーというか、シャンプー台などの設備にしても、お店の雰囲気作りにしても、一番統一していると思いました」

自分の勤めたサロンに友達を呼びたいと思えるかどうか。
それがサロンを選ぶ上で、大切にしていることのひとつだそうです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

お客様のためにこだわる『モノ』と『空間』

「やっぱりその空間や雰囲気というのもすごく大事だと思うんです。そして、少し料金が高くても、例えばこだわったシャンプー台に、今まで培ったシャンプーや、頭のマッサージの技術という価値を加えれば、ここならお金を払いたいと思ってもらえると思ったんです」

また、サロンの強みにつながってくることですが、サロンとして高価なプロダクトを使っているところも、LAMPさんを選んだ理由だそうです。

「例えばシャンプーなら、やっぱりジョンマスターとか高いんですよね」

「でも、お客様にいいものを使ってもらう。そして、それを求めてるお客様が来る。私は、そういうサロンがすごく好きだったし、やりがいも感じられているんです」

一つ一つのものが高級で、ラグジュアリーな環境と空間を提供できているところが、サロンの強みだと、Nazuさんは教えてくれました。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

「ここに来るお客様は、お仕事をしっかりされている方も多いんですよね。お医者さんだったりとか弁護士さんだったりとか。そういうお客様の中でそれに見合うものを提供できていると思います」

では、どんな美容師がこのサロンに向いているんでしょうか?

「どんな方でも大丈夫だとは思います。ただ、お客様の層がそんなにすごく若というわけではないんです」

「海外で美容師って言うと、ハイトーンで奇抜な髪の毛を想像したりする方もいると思うんです。そういうのを楽しい、やってみたいと思う方もいると思うんですが、正直それをするお客様はそんなに多くはないです」

もちろん、バリアージュなどそういうのもあると断りを入れた上で。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職
取材当時の一番新しいスタッフさん。先輩に英語での電話対応など教えてもらいながらこなしていました。

「どちらかと言うと、いまの髪質のグレードアップが目的だったりとか、良いものを使ってより良い状況にもっていくって言う感じなんです。いかにその人のキレイを、より引き出すかというところが重点になってきます」

「例えば日本でしっかりとケミカルを学んでパーマが得意ということなどあると、重宝されるかもしれないですね。プロダクトもそういうのを使っています」

「あとはカットが好きな方は、より自分のやりがいを感じながら仕事していただけるかなとは思います」

Nazuさんのプランでは、『1年間オーストラリアを楽しんで、地元に戻って独立』だったそうです。でも、語学もさらに伸ばしたいという思いもあり、学生ビザに切り替えて働いています。

Nazuさんのように1年では足りなくなり、もっと住みたいと思う人も、ここオーストラリアでは少なくないようです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

取材・撮影中、終始笑顔でぼくに接してくれたように、新しいスタッフにも丁寧に接し、指導していたNazuさん。Nazuさんもきっと優しい先輩になってくれると思います。

次にご紹介するのは、LAMPさんで一番長く勤めている店長のカルガリ美郷(Misato)さんです。

Misatoさんは栃木県宇都宮市出身の31歳。栃木県美容専門学校を卒業後、宇都宮のサロンで8年勤めた後、ワーホリでオーストラリアに渡ります。
そして、シドニーの日系サロン1店舗を経て、LAMPさんに就職しました。

現在はシドニーで出会ったイタリア人の方と結婚。
パートナービザを取得し、オーストラリアで暮らしています。

オーナーのYoshikoさんとも一番長く働いているのがMisatoさん。
被ってはいませんが、前に勤めていたお店にはYoshikoさんも勤めていたそうです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

そこでは、Yoshikoさんのことをお客様からよく聞いていて、お客様からどれだけ支持されていたのかよくわかったそうです。

Misatoさんにオーナーはどんな方か聞いてみました。

店長から見たオーナーの人柄

「うまく言えないですけど、いい意味で細かくない。おおらかなのかな。あんまりぐちぐち言わない人ですね。とりあえず見守ってくれる。と言う感じですね。口より先に」

「すごく理解者というか、いろんなことをよくわかってくれる人でもありますね」

サロンも、そんなオーナーさんの人柄を反映してか、自由で働きやすいところでもあるようです。

なじめなかった日本の縦社会

「いい意味でそんなに縛らない感じですかね。決まったルールもそこまでないし、自由にやらせてくれるところもあります」

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

「私は日本で1店舗しか働いてないのでわからないですけど、日本の縦社会がすごく嫌だと思うことが多かったんですよ。そういうのはここではあまりないです」

「そういうところも、自分がほんとにリラックスして、仕事できているなっていうのを感じてます」

働きやすい?

「はい。働きやすいです。私はこっちでも他に1店舗しか働いたことがないので、わからないですけど…。でも日本人でああいう考えができるっていうのは、あまりいないんじゃないかなって思います」

「あまり縦社会にはしすぎたくないんです。わたし」

Misatoさんは日本にいた頃、日本の働き方や仕事に対する考え方が、あまり合わなかったようです。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

「たぶん私と似たような経験や考えで来たっていう子も中にはいると思うんです。海外に憧れを持ってとか、日本の価値観が合わないとか」

「やっぱりここは日本じゃないので、あまり日本みたいな教え方というか、接し方はしたくないと思っています」

もちろんお店として最低限のルールはあります。先輩に対する最低限のマナーも必要でしょう。
それでも、日本の職場にあるような縛りのきついルールや、日本独特の上下関係などは、LAMPさんは日本から持ち込んでいないと思います。

とてもクールに見えるMisatoさんですが、こわいということはないです(笑)
そして、オーナーを除くと、いちばんオートラリアでの経験はあります。
語学面も含めとても頼りになる先輩であり、店長だと思います。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

最後に、オーナーのYoshikoさん。
東京都出身のYoshikoさんは、都内の美容学校を卒業後、大手美容室に就職。

就職して1年半でスタイリストになったYoshikoさんは、その日本のサロンを3年で退職。ワーホリでシドニーに渡ります。そして、日系美容室に12年勤めて、LAMP HAIRをオープンさせました。

LAMP HAIRさんはどんなコンセプトでスタートしたんでしょうか?

「元々、私の固定のお客様が、どちらかと言うと、チャイナタウン側じゃなくて、こっち側のサーキュラー・キーとかバランガルーあたりの、ファイナンシャル関係や、弁護士、医者の方とか、そういうちょっと忙しいお客様が多かったんです」

「ここはそういったビジネス街でもあるので、ごちゃごちゃ、バタバタしないで、ちょっとゆったりできるような、暖かみのあるサロンを作っていきたいなと」

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職
LAMP HAIRのオーナー Yoshikoさん

店内のBGMは、ポップやテンポの速い音楽は禁止。基本的にはジャズ、ボサノヴァ、クラッシックあたりから選ぶことが、リラックスしてもらうために気をつけていることのひとつ。

「そして、できるだけ上質なものを使って、そういうものを求めるお客様をターゲットにしていきたいなと思っています」

スタッフの皆さんも、ターゲットになるお客様にしっかり合わせた気遣いや、立ち居振る舞いをされているように見えました。意識して動いているのだと思います。

他店と比べて強みはどこにあると思いますか?

「他のサロンを詳しくは知らないですけど、上質なものを使っているのは強みだと思っています」

LAMPさんでは、『お客様に使用するものには出来るだけ良いものを』というコンセプトもあります。

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

シャンプー台はフルフラットのリクライニング仕様のもの。
スタイリングチェアもお店のイメージに合うように、妥協せず費用をかけて日本から輸入しました。

ドライヤーはDyson super sonic professional editionを使用。
お客様向けの雑誌は、iPad内で英語、日本語の雑誌を常時各100冊以上を用意しています。

シャンプー剤は、John Masters OrganicsとChristophe Robin。
薬剤は日本製をはじめ、ニーズとトレンドに合わせたプロダクトを使用するように心がけているそうです。

強みや売りとはちょっと違うけれど、意識していることもあります。

「まず第一にスタッフがハッピーであること。人間が人間を扱うにはハッピーでないといいものはできませんし、乗っているときは結構なんでも上手くいったりするので、そういう意識でサロン作りは心がけています」

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

スタッフひとりひとり、海外に出て目指している事はそれぞれ違います。
そのこころざしを共有し、達成できるような道しるべを見つけること。

そして、本人がその道の上で成長しているという実感がやりがいにつながる。
結果としてハッピーに働けることになると考えているそうです。

日本での常識を取り払ってほしい。

「それとここは日本ではないので、日本での常識、例えば『日本だったらこれはだめだろうな』って言うことを一切とっぱらって、やりたいことをやってもらいたい。って言うのもありますね」

プライベートと仕事をきっちりわけているのも、LAMPさんならではかもしれません。

「うちみんなでごはんとか全然行かないんですよ(笑)」

「仕事ってかなり長く一緒にいますから。仕事のあとは友達や家族と、時間を一緒に過ごして欲しいと思ってます。もちろんスタッフ同士みんなが行く分にはいいと思ますけどね」

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

会社の行事とか苦手な人っていると思います。
そういう方にはこういう社風は向いているかもしれません。

教育も基本的には自由。

「教育に関しては、私はこうして欲しいと言うのはあまりないですね。うちはどちらかと言うと自由で、どちらかと言うと見て学んで欲しい」

一見するとドライで放任主義のようですが、ささいなことでも何かあったときは、常に相談してほしいと、そうおっしゃっていました。

最後に。どんな人に来て欲しいですか?

「サロン的に、お客様の層が働かれている方がメインなので、そういう方を対応できる美容師にできたら来ていただきたいですね」

ワーホリ オーストラリア シドニー 日系美容室 美容師 海外美容室 海外美容師 海外就職

場所柄、ビジネスの最前線で働いている方が、ランチタイムにぱっと来ることも多いそう。

「みなさん身だしなみにはすごく気を遣います。お仕事する上で印象は大切ですから」

「そういう方がかなりの頻度でいらっしゃいます。そして、サロンにぱっときて、静かなところでリラックスして気持ちを切り替えて、また仕事に向かわれます。そんな方にも好んでいただけるようなサロンを作っています」

「それと、どちらかと言うとブリーチで髪をブルーにするって言う方よりも、その方のライフスタイルに合った髪型に対応できる方とか、そういう方も大歓迎です」

ちなみに英語のレベルは問わないそうです。

シドニーの日系サロンでは、おそらく一番『上質』で『ラグジュアリー』な雰囲気をつくっているLAMPさん。

働き方や考え方なども、日本のいいところを取り入れつつも、それに固執していません。
いままで日本の美容室で息苦しく感じていた方には、もしかしたら向いているサロンかもしれないです。

ぜひ一度見学してみてください。

会社概要

社員数 5名(男性2名・女性3名)
平均年齢 28歳
坪数 24坪
セット面 8面
店舗数 1店舗
お客様年齢層 10〜20代:10%
30〜40代:80%
50代〜:10%
お客様国籍比 日本人:20%
オーストラリア人:80%(欧米系20%、アジア系80%)

募集要項

  
募集ランク スタイリスト
アシスタント
雇用形態 正社員
アルバイト
資格 美容師免許
勤務地  199 Clarence st, Sydney 2000
勤務時間 (平日)10時〜20時
(土日)10時〜18時
給与 【アシスタント】8〜9時間勤務/1日:手取り 月給$3,100〜

【スタイリスト】8〜9時間勤務/1日:手取り 月給$3,611〜+歩合

昇給 有り/随時
賞与 無し
交通費 無し
福利厚生 スーパーアニュエーション(オーストラリアの確定拠出年金制度) 
各種手当 無し
休日 シフト制 ※基本的には週休2日
夏期休暇 無し
冬期休暇 無し
その他待遇 住居探し等、現地生活のサポート、随時英語とスキルのサポート、
選考プロセス 下記「問い合わせ・応募」ボタンより応募→書類選考→面接→採用

この求人に応募する

お問い合わせ・ご応募は下記よりお願い致します。選考の上ご連絡致します。

就職祝い金 : 10,000円

  • 1週間経っても返信がない場合は、再度お問い合わせフォームよりご連絡をお願い致します。
  • 取得した個人情報は採用選考にのみ使用致します。
  • 不採用についてのご質問はお答え出来かねますのでご了承ください。
  • 就職祝い金の贈呈は、1ヶ月以上の勤務の確認が取れましたらお振込します。
  • 就職祝い金の申請はこちらからお願い致します。
お名前
フリガナ
メールアドレス
電話番号
郵便番号
住所
性別 男性女性
生年月日
年齢
志望動機
経験年数
学校名
勤務開始可能日
自己PR・質問など